フラット35審査と構造審査は?

フラット35の審査は、借り手と購入物件の両方を審査するという2重構造になっています。
まず、提携銀行が借り手と物件を審査して住宅ローン審査をします。
提携銀行は最終的には住宅金融支援機構に住宅ローン契約を買い取ってもらわなければフラット35が成立しません。
ですから、その案件が買い取って貰えるかどうかを検証するために、借り手の信用情報や属性審査など行います。
銀行によってはこの審査を事前審査、仮審査ということもあります。
この審査に通ると住宅金融支援機構の審査(本審査)を受けることになります。
ここでは、購入する物件の審査も行います。
審査内容には、戸建て住宅の場合は床面積が70平方メートル以上、共同住宅の場合は床面積が30平方メートル以上、店舗付き住宅の場合は店舗や事務所スペースよりも住宅スペースの方が広いことなどが条件になります。
http://xn--35-9i4aua7d9fp407b02sc.skr.jp/