住宅ローン頭金の相談は?

住宅ローンにおける相談の中で多いのが頭金に関してです。
頭金がほとんどない中でも住宅を購入したい人は、次のことを検討してみると有効です。
まず、物件の予算を下げて、ローンの借入額を減らす、ということです。
返済リスクは借入額が多いほど高まる傾向にあります。
物件の予算を下げて、借入額を少なくする努力をすることが大切です。
30代の会社員なら住宅ローンは3000万円までが目安で、それ以上借りると老後の生活に影響を及ぼすことになります。
買いたい物件が決まっていると、予算を下げることに積極的になれないかもしれませんが、少し冷静になって再検討してみることも重要なのです。
また、中古物件を買う、ということも返済リスクを下げる方法として非常に有効です。
新築物件より割安な中古物件を選択肢に入れると、ローン借入額をかなり少なくすることができます。
また、新築物件と違って価格に不動産会社のコストや利益が含まれていないので、そういった点でも有利になります。
住宅ローン相談が無料でできる?審査に通る方法!【借り換えするには?】