デイトレードとはどんなものか?

FXや株では、デイトレードやスイングトレードといった手法があります。
取引をしていると、だんだんと自分に合ったやり方が見えてきます。
その時に自然と、トレードもそれに合ってくるのです。
たとえば、仕事の片手間にトレードをする人は、スイングトレードといった手法になったり、パソコンにいつでも張り付いていられる人はデイトレードになっていくといった感じです。
スイングトレードは中期の間のトレードで、買っては数時間後、または数日後といった時に売ったりします。
そのため、パソコンをずっと見ている必要がなく、自由に過ごせます。
ただし、ある程度資産がないと大赤字を食らうことがあるため、少々先を見通す能力が求められます。

デイトレードはその買ってその数分後に売ったりします。
ですので、パソコンから離れられず、集中力が要ります。
そして、一度の儲けが少ないですが、資産が大赤字を食らうことも少ないといえます。
どちらも長所短所があり、自分に合ったやり方が一番大事といえます。