住宅ローン金利ランキングと今後の予測は?

住宅ローン金利ランキングを調べているなら、今後の金利予測は気になりますね。
住宅ローンの金利は、長期の国債の金利に連動して設定されていることが多いですから、2000年頃からの変動を参考にしてみましょう。
2010年までは、1.
5%前後の推移を続けていましたが、それ以降は1.
0%を下回る推移となっています。
現在の政策をみても、金利を抑えて市場にお金が回ることが好ましいとされる傾向がありますから、今後しばらくは低金利な状態で推移するでしょう。
ですから、長期の固定ローンを組むよりも、5年〜10年で見直しをしながら低金利で利用出来る変動型を選んでもリスクが少ないという言う見方もあり、人気が集まっています。
リスクを分散させるなら、ミックス金利を選択してもいいでしょう。
住宅ローン金利推移