引っ越し先がフレッツ非対応でショック!ネット回線どうしたらいい?

家を移ったら、住み替えた先の住宅がフレッツ光以外の回線には対応していませんでした。
昔から使っていた通信会社を連続して利用したかったのですが、他に選択の余地がなく、利用を決めました。
月ごとのことなので以前の倍の値段の負担が辛いです。
転居してきた時に、アパートに最初から光回線が入っていなかったので、契約した後で、工事をしなければなりませんでした。
工事をしにきてくれた担当者は大変清潔感があり、説明も細に入っていて会社への評価も高いものになりました。
フレッツwi-fiが接続できない時には、一回すべての装置の電源を消してみていちから接続し直してみると良いかもしれません。
それでも接続ができない場合には、設定をもういちど見直してみます。
顧客サービスに電話してみれば分かりやすく教えてくれますが、電話がかかりずらいのがネックです。
プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダに乗り換えをしたのですが、失敗したと思っています。
確かに、価格はかなり金銭的負担が減りました。
でも、頻繁にネット回線の調子が悪くなってしまったり、遅くなったりで、前のプロバイダの方がはるかに快適だったのです。
安易にプロバイダ変更をしてしまったなと、悔やむ気持ちです。
近頃、光回線業者が高齢者宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが多くなっています。
こういったことを受けて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明白にしました。
wimax申し込みの時点で不安に感じたのは、回線速度がどうなのかでした。
無線であるので、自分が住む状況にかなり左右されるのではないかと感じたからです。
正式に契約する前に、お試しで使って実際の速度について見極めることができました。
納得できる速度だったので、即、契約しました。
引っ越しをした時にプロバイダを変えました。
変えた後も、以前使っていたプロバイダとほとんど違いを感じないので、プロバイダを変更して良かったな、と思います。
プロバイダなどは2年ごとの契約更新をする際にもっといい会社がないか考えてみるといいのではないでしょうか。
フレッツの速度が遅い原因を考えて、はじめに思い浮かぶのは、少しの間だけ回線が混んでいたり、開こうとしているサイトへのアクセスが集まっていたりといったことでしょう。
そのために、少しの間だけ遅いだけなら、しばらく時間をあければよくなる場合もあります。