生命保険に入ることを考えなくてもよい?

マンションを経営することで、ローン返済にあてる人もいます。
マンションを購入し他人に貸して、家賃を得るのがマンション経営です。
マンション購入に必要なお金を用意できなければマンション経営は無理ということはなく、ローン返済の一部を家賃収入で賄うという考え方もあります。
ローンでマンションを購入するとほとんどが同時に、団体信用保険に加入しなくてはなりません。
団体信用保険は、融資を受けている人に万が一のことがあった場合、支払い不能になってしまった返済金を保険で残りの返済金によって支払うことを想定しています。
マンションの権利は所持したままなので、誰かに住んでもらって家賃をもらっていてもその状況は変わりません。
加えてマンションのローンの利率に生命保険料が含まれています。
他の生命保険に入ることを考えずともよく、保険料の支払いをせずともいいという利点もあります。
マンション経営をするにあたりマンションの立地条件と家賃はとても重要なポイントです。
序盤は高いローンに手を伸ばさず、家賃収入の目途がある程度たったら今のローンを返しきった上で、手を広げていくという形がいいでしょう。
保険の窓口体験談